2017
NOW
2018back number
1-January- 2-February- 3-March-

1月11日(木)~3月5日(月)


富士の息吹の中で
遠藤 桂 

ENDO Katsura Photo Exhibition

箱根出身の写真家・遠藤桂の富士山シリーズを拡大して1F・2F両展示室でご覧いただきます。

同時開催:遠藤桂 富士山写真展
1月11日(木)~3月5日(月)


富士の息吹の中で
遠藤 桂 

ENDO Katsura Photo Exhibition

箱根出身の写真家・遠藤桂の富士山シリーズを拡大して1F・2F両展示室でご覧いただきます。

同時開催:遠藤桂 富士山写真展
3月7日(水)~6月11(月)


写真家 遠藤 桂の足跡



1958年箱根に生まれた遠藤桂(えんどう かつら)が、写真家として生きてきた、その足跡を展示します。
 祖父は風景写真家・山田應水(やまだ おうすい)。波乱万丈の人生でありながら、東京神田を拠点に風景写真を専門として日本の鉄道、観光事業、国立公園事業などに貢献してきた人物です。
晩年、箱根小涌園から写真部設立の依頼を受け、娘夫婦(恭子、遠藤貫一)と共に箱根へ移住しました。
その後、両親は小涌園の営業写真部として活動、祖父は箱根の山野草を愛し晩年も撮影を続けました。
 箱根という自然の中が遊び場だった幼少時代、少年の憧れは「山」、そして「山の向こう側」へと向かい、世界一の山を目指し歩きはじめます。
登山家としての道、写真家としての道、分岐点にある出会いと別れ。 
本展では、今も写真家として生きる遠藤桂が、どのような経緯で現在に至ったのか、作品や資料からその足跡を辿ります。

展覧会詳細 リリースPDF(201KB)

【同時開催:遠藤桂 富士山写真展】
4-April- 5-May- 6-June-





7-July- 8-August- 9-September-

6月13日(水)〜7月30日(月)

RETRO 60-70’s トシ・ワカバヤシの世界

広告写真家、トシ・ワカバヤシは、1960年代に単身アメリカ・デトロイトに渡り、ジョージ・カワモト氏に師事、フォード社の車体撮影等の技術を習得し、帰国。高度経済成長期の日本でトヨタ車広告を手掛け、幻の名車と呼ばれる2000GTやセリカなどを撮影、広告写真家として一時代を築いてきた。
氏が長年コレクションを続けるブリキのおもちゃと、世界を旅して撮影してきた風景写真とを、手製のジオラマと組み合わせ1つの作品に仕上げた「Tin Toy Dioramas Photography」シリーズの展示。
アンティーク・トイが60-70年代のリアリティ溢れる世界の中に蘇る。

展覧会詳細 リリースPDF(372KB)

【同時開催:遠藤桂 富士山写真展】
10-October- 11-November- 12-December-